ギャッベ (GABBEH)

ギャッベ“Gabbeh”とはペルシャ語で『粗い』roughという意味です。イラン南西部のザクロス山脈から南部ファールース州の高原にかけて遊牧生活をしている遊牧民によってはるか昔から織り続けられている『毛足の長い絨毯』を指しています。


ふかふかでラフに織られたギャッベは暖かく、山岳地や砂漠など過酷な自然を旅する遊牧民にとって、移動に便利な敷物、夜具、時には寒い夜にロバや鶏など家畜を保護するカバーの役割を果たすものです。まるで子供が描いた絵のようなギャッべの色とデザイン。アート感覚にあふれるユニークなデザインが最大の魅力といえるでしょう。